タグ:費用・保障・生命保険 ( 11 ) タグの人気記事

還付金 (傷病手当金と医療費還元金)

給与明細に添付されて、保険給付金支給決定通知書が届きました。

d0132338_15572921.jpg

               (画面をクリックすると拡大されます)

1.傷病手当

医師が休職すべきと認めた、11月18日から11月30日までの13日間を支給対象として、
標準報酬日額(←職種によって異なる?)の3分の2を支給。

@4,887円 x 13日 = 63,531円

(支給条件の「4日以上会社を休んだとき」に基づき、実際は11/15から休職しているが、
 3日間の待機期間の後4日目からから支給のため11/18からになっている。
 手術日の11月16日から11月30日まで2週間の休職を医師が認めている為)



2.医療費の一部負担還元(高額療養費)

入院8日間に際し、医療費総額259,010円の自己負担3割分にあたる77,703円。
ここから25,000円を差し引いた額52,700円を還付。


よかった、よかった。
[PR]
by igaguri-2114 | 2008-02-23 15:45 | 術後

生命保険の給付金が下りる


申請していた生命保険の入院などの給付金が下りた。
主たるところは、入院給付+がん診断給付でした。(詳細は下記に)

約款を見ると、上皮内がんはがん診断給付は下りないと思ってたんだが。
よく分からないけれど、全てが下り合計で約50万円弱。 

これは本当に助かる。
これからも定期的なコルポ診で、何かと費用もかかるものね。 大切に取っておこう。

しかし、女性特約は本当に入っててよかった。 
自分だけだったら、「ふつーのんでえぇで!」とか言って、特約は付けてなかったかも。
進めてくれた保険の営業さんにホント感謝だなぁ。


↓金額内訳は下記をクリック。

【給付金支払い明細】
[PR]
by igaguri-2114 | 2008-01-31 10:40 | 術後

調査員あらわる その2

やってきたのは品のよさそうなおばちゃん。
まず、身分証明書を見せられ、承諾書へのサインを求められる。

承諾書の内容は、

 1. 被保険者についての診察、治療または検査、あるいは検案した医師が
   本状持参のOX保険会社の確認担当員に対して、その証明書(診断書)を
   発行するとともに、健康診断結果、カルテ・問診表・検査記録等の診療記録を
   開示・提示すること。

 2. 事実確認の際に、確認担当員が事実確認のために必要な範囲で、医師に
   傷病内容、保険契約内容(責任開始期・告知日・告知内容など)および
   事故状況等を開示すること。

 3. 本個人情報が、「保険業法施行規則」により(途中省略)、
   業務上必要な範囲内である保険金・給付金の支払い、各種保険契約の引き受け・
   継続・維持管理、商品の充実等を目的に利用されること。


そして、この度は大変でらっしゃいましたね・・。から談笑と言う名の聞き込みが始まる。

この度はどうして弊社の保険をご契約頂いたのですか? とか。
契約前には健康診断を定期的に受けられていましたか?
今回病院に行かれたのは何か調子の悪いところがおありになって??
病気名が分かられた時はさぞかし驚かれたでしょう? とか。

ん?疑われているのか?
私は5月に入籍、旦那の保険に追加という形で7月に契約、
11月に手術と短いスパンなので病気発覚後の保険契約と疑われているのかも・・?

こうなりゃ、徹底的に話します。
子供が欲しくて病院に行ったこと、なのに「ガン」が見つかってショックだったこと、
この人に辛かった話なんて言うつもり無かったけどしゃべっちゃいます。

信じてくれ~。の念力を込めて。

力説が通じたか否か。 
1時間ほどで、病院の先生にもお話を伺ってきますと言い残し調査員は去っていった。
[PR]
by igaguri-2114 | 2008-01-13 16:15 | 術後

調査員あらわる その1


ただ今、生命保険の入院・傷病の給付金を請求中で審査待ちです。

診断書と請求書を保険会社に請求し、その後保険会社中では
「この人の病気は本当か?偽装じゃないか?一銭でも安い支払いで乗り切るぞ!」的な審査が始まります。

このセリフはあくまでも私のイメージですけどね・・(笑)

どう、保険会社だって商売です。集めたお金以上に払っては損になってしまいますから
この給付金による「支出」が正当な支払いかどうか調べまくるわけですよ。

そして調査員がやってきた。今はもっと言葉柔らかに「確認担当員」というらしい。
この人たちが腹黒いことを私は知っていた。

昔、当て逃げされる交通事故に遭い100%相手が悪くこっちは腰まで悪くしたのに、
相手の調査員は徹底的に私を言葉で叩いた。

「本当は腰なんて痛くないんでしょう。」 的な物の言いをして私を苦しめた。
紳士的な風貌の中に、
「これ以上一銭も多く慰謝料は払いませんよ」 というオーラを出しまくっていた。

保険の調査員たるや、言葉巧みに相手を丸め込んで、
’より安い金額で示談させる’という事を日々の生業-なりわい-とした人達なんだから。


(調査員あらわる その2へつづく)
[PR]
by igaguri-2114 | 2008-01-12 14:12 | 知識

診断書

d0132338_195946.jpg
(このままでは字が全く読めませんが、画像をダブルクリックしてもらうと拡大できます)


保険給付金の請求の為に病院に診断書の発行をお願いしていました。
申し込みから発行までに約1週間、1通4,000円掛かりました。

発行日が12月4日なので、治療期間も12月4日までで記載されていますが、
現在も加療中とあります。

手術前は、「子宮頸部上皮内癌の疑い」との傷病名でしたが、
円錐切除術後でがん細胞が確認されたので、病名が「子宮頸部の上皮内癌」に確定。
なので本人に病名を告げた日が手術日の11月16日、
診断確定日が、病理検査の結果が出た日の11月21日になっています。


私の契約している保険の給付金は、保険契約から3ヶ月以内に診断された病気には
下りないとの事。

私は保険を契約したのが7月1日で、9月末のコルポ診の結果が診断日だったら
保険給付金が下りないかも・・?と、ヒヤヒヤしてたのでこの診断書を見てホッとしました。
[PR]
by igaguri-2114 | 2007-12-07 19:05 | 知識

生命保険の給付請求


退院したので、生命保険の入院給付金などの請求について調べる事に。
保険会社の担当の人が早々に自宅に書類を持って説明に来てくれた。

医師の診断書と保険金請求書を提出してからの審査になるが、
私の入っていた保険の特約で計算してみると、今回は約15万円ほど下りそうだ。

入院代を引いてもお釣りがきそう。  良かった、良かった。




 
[PR]
by igaguri-2114 | 2007-11-25 18:50 | 知識

退院日  (術後6日目)

 
 6:00 起床
 7:00 採血・体重測定。 入院時より1キロ痩せた。 食べて寝てるだけなのに?!
 8:00 朝食
 9:30 血圧測定
10:00 昼寝  気づいたら寝ていた・・。
11:00 退院診察  

  (病理検査の結果)
  0期の上皮内がん。浸潤なし。 がん細胞は全て切り取れたとの診断。

  (内診)
  出血ほとんどなし。 正式に退院の許可が出る。
  退院後、多少の出血があるが治る過程のものなので心配ない。
      
  退院後に強い腹痛や、38度を超える熱が出る、膀胱炎のような症状、
  生理の多い日以上の出血がある場合は、病院に来るようにとのこと。
           
  (次の外来診察12月13日までの禁止事項)
  自転車に乗ること。 湯船につかること(シャワーのみで)。 重いものを持つこと。
  パーマやカット。 旅行・仕事。

  (問題ないこと)
  無理の無い程度の炊事・洗濯・掃除。 徒歩での外出・近所への買い物。車の運転。

  食事制限なし。 アルコールも少量ならOK!!
  
12:00 昼食 
14:00 退院精算  合計:約80,000円
15:00 帰宅


夕飯時、旦那と一緒にビールで祝杯を上げました~(^^) 久しぶりの我が家!

退院診察の時、先生に「ビールはいつから飲んでいい??」と聞いたら、
馴染みの看護師さんに笑われました。。。

なのに、いつから子作りしていいかという大事なことを聞くのを忘れました。。
旦那あきれ気味。


    
[PR]
by igaguri-2114 | 2007-11-22 18:15 | 入院

傷病手当て


会社が無事に1ヶ月もの休暇を認めてくれた。 ありがたい。
おまけに健康保険組合から「傷病手当て」なるものが出るらしい。 

 (傷病手当て)

 傷病により連続して4日以上欠勤し、給与の支払いを受けられない時、
 1日につき標準報酬日額の2/3相当額が支給されます。
 専用の用紙に医師の証明を受け、請求してください。


おー、これはありがたい! この会社の健康保険組合独自のものなのか?
もしかしたら今までの派遣会社にもこんな制度があったのだろうか・・?
病気になっていなかったので知らなかっただけなのかも。

日額約7,000円 土日も含む日数で貰えそうだ。 助かるー(T_T)




 
 
[PR]
by igaguri-2114 | 2007-11-06 11:36 | 生活

生命保険のチェック


旦那が独身時代から入っていた保険に、この夏に付加してもらった「妻型」保険。
生命保険証券と、約款を押入れから引っ張り出しチェック開始。

確か、女性の病気特約をつけたはずだ。

基本の入院特約が、入院一日あたり8000円。入院一日目からもらえる。
女性特約の入院も2000円付加される。

がん特約もつけていた。
初めてがんと診断されたら20万円とある。 これもらえるのかな・・?
が、約款を読んでみると対象がんの説明がここがややこしい。

   責任開始時前を含めてはじめて所定の悪性新生物(乳がん・所定の子宮がん
   卵巣がん・所定の白血病)と医師によって診断確定されたとき、
   女性特定がん保険金をお支払いします。
   ただし、上皮内がん(非浸潤性がん)はお支払いの対象とはなりません。


こんな注釈があるじゃないか!!  
所定の子宮がんって何だ? 子宮頸がんか?体がんか? 
なんで上皮内がんはダメなのよ??

んぅ~。 分からん。  保険の担当者に電話だ~
担当者も上皮内がんが対象か否か、調べて連絡してくれるって。
とりあえず請求資料を送ってもらうことになったから、それをじっくり読むことにするか。
[PR]
by igaguri-2114 | 2007-10-29 12:11 | 知識

再診・手術申し込み (セカンドオピニオン後)


今日は地元の県立病院へ手術を申し込みに行った。
と、言っても、再診の予約を取り、先生に診察を受ける。 まぁ、いつも通りの流れ。

「セカンドオピニオン受けてきました。
 で、ここでT先生に手術してもらいたいと思います。」

「あぁ、そう、分かりました。」 

・・って、そんだけ?!  もぉー(-_-#) 相変わらずニコリともしないT先生!


じゃ、手術日はいつにしよっか。となり、次の生理が11月7日頃の予定なので、
終わってからの11月15日に入院、手術日は11月16日の金曜日に決まりました。
その前に、11月1日に手術前検査があるそうな。 えー、また検査か! 

そして、手術・輸血の同意書を渡された。 おぉ、いよいよって感じだ。。
細かな字でみっちりA4用紙3枚分。
「家でよく読んで今度持って来てね。その時に手術の説明詳しくするね」 って先生。


11月1日の手術前検査は、
血液検査、感染症検査(肝炎・エイズ等)、血糖値検査、心電図、肺機能検査、
レントゲン撮影、などなど一日仕事らしい。

そして、検査費は実費で10,000円だって。 あー、また1万円札が飛んでいく。
生命保険の女性特約で費用落ちるかな~。調べておこう。。
[PR]
by igaguri-2114 | 2007-10-22 14:24 | 診察