シロッカー手術、する? その2


女医先生、ベテラン看護師の二人掛かりでシロッカー手術をするとこんなに安心よ。
という説明会が始まった。


シロッカーのメリット

・結ぶことで、お腹の張りや胎児の成長に子宮口が耐えれるようになり、早産を防げる。

シロッカーのデメリット
・妊娠10ヶ月時に行う抜糸手術で、早産・破水を誘発してしまう。
・ごくまれに子宮口が搾取・癒着してしまい、帝王切開をせざるを得なくなる。


過去ずっと、円錐切除術をした人は妊娠したらシロッカーをするのが一般的。

しかし、最近は医師の見解もまちまちで、シロッカーによっておこるリスクを懸念し、
頸部の長さ次第では、必要性がないと考える医師も多いとのこと。

先生達がシロッカーを勧める意味はよく分かる。
もちろん赤ちゃんが大切だし、もしもの早産を防ぐ為にも有効な方法だと思う。
シロッカーをせず、妊娠8ヶ月ごろから安静・点滴の入院生活という例も知っている。

私は悩んだ。 だって、3月に入院を2週間もしろって言うんだもの・・。
小さな手術でも、患者の体力を奪うことを私は知っている。

う~ん。 また3人で考え込む。


結局、女医の上司でもあるT先生にもう一度見てもらって意見を聞こうと言う事に。
T先生は学会にも積極的に出てらっしゃるし、新しい事例をご存知かも。と女医先生。

しばらく待って、T先生の診察に呼ばれ、再度内診台へ。 
先生も慎重にエコーで頸部をチェックしてくれている様子。

そしてT先生の下した診察は、シロッカーはしなくても大丈夫。

円錐切除手術をしているから、シロッカーをしなかったから、早産した。という訳ではなく、
早産の可能性は誰にでもあって、要因は頸部が短いというだけではない。
今のあやあやむーさんの頸部の長さなら、シロッカーはしなくてもいいと思う。 
でも100%ではない。 先生が可能性も踏まえて私に説明してくれました。

私は、子宮頸がんの診察・手術で先生の説明を何度も嫌と言うほど聞いてきた。
先生は考えられるマイナスの可能性ははっきりと言葉に出して患者に伝えるタイプだ。

子宮頸がんに対して無知だった私は、そのはっきりとした言葉に一喜一憂し、涙した。
先生の説明は私にとって少々酷だったが、今考えれば事実をありのままに伝えていた。
がんによるリスクも包み隠さず伝えていた。

その先生が、今回はシロッカーをしなくてもいいと言う。
早産の可能性は他にもある。と私に言う。
しなかったらどうなるか。ではなく、シロッカーをしなくても・・。の話しに終始している。

先生 「早産に不安があるのならしてもいいけど。 どうしたい?」 

先生が私に与える言葉の端々の意味を自分なりに捉え、
旦那にも相談しますと保留した。

次の診察は2週間後。 通常の妊婦さんならこの時期は4週間ごとだが念の為。
「しばらく私が担当しますね。」 T先生の診察に逆戻り。 腐れ縁です。
[PR]
by igaguri-2114 | 2009-02-13 12:22 | 妊娠
<< 妊娠5ヶ月目を迎えました シロッカー手術、する? その1 >>