手術に向けて


入院・手術も決まり、ホッと一息。 なぜか心穏やかな日々。
ご飯も美味しいし、ビールも美味い!半月前とは大違いの心境だ。

不安がってもしょうがない。 やるもんはやるんだし。
こうなりゃ後は先生に任せてまな板の上の鯉になりましょう。
下半身麻酔での高周波電気メスの手術。30分~1時間で終了予定。

眠らないから手術中の会話も聞こえるんだろうなぁ~。
緊張半面、なんか安心な気もする。
患者に意識があれば、先生だって看護婦だって手を抜くまい。
(いやいや、全身麻酔でも手を抜きはしないんだろうけどさ・・)

旦那のおばあちゃん、78歳。
戦後すぐに卵巣の病気が見つかったけど、命に差し支えないってことで
そのままにしてあって、たぶん今じゃ癒着してるだろうなー。
今ぐらい手術の技術も設備も整ってたら切ってたわ!って。

昔は子宮頸がんの初期でも子宮を摘出していたらしいじゃないか。
そう、私たちの世代は医療に恵まれていてラッキーなのだ。
[PR]
by igaguri-2114 | 2007-10-26 12:44
<< 両親に知らせる アルコール摂取について >>