セカンドオピニオンを受ける 1


セカンドオピニオンを受けてきた。
15日に、病院のよろず相談室に主治医からの紹介状、検査データの入った封筒を提出、
予約を取り、18日に医師の説明を受けた。

私がセカンドオピニオンを受けた病院は、全額自費で保険は適用されない。
30分まで税込み10,500円。以後、15分ごとに5,250円が追加される。

なぜ保険が適用されないかと言うと、安値でセカンドオピニオンが受けれると
患者が病気への不安で、何度も色々な病院でセカンドオピニオンを受けかねず、
医師への負担が大きくなることを懸念して。とのことらしい。


まず、申し込み前にセカンドオピニオンネットワークのホームページにあった、
「がんのセカンドオピニオンを上手にとるコツ」をじっくり読んでみた。

そして、患者のための整理メモを印刷。 自分なりに書いてみる。
なんせ料金がべらぼうに高い。 
1分も無駄にしてはなるまいと、質問したいことの欄に箇条書きしてみた。

  ・進行期とその手術法の適正
  ・他に可能な手術法(子宮を残し、将来の出産を希望)
  ・その他の手術法のメリット・デメリット
  ・HPVに旦那が感染しているか?治療の要否
  ・円形切除施術により考えられる後遺症など
  ・浸潤の可能性


これをコピーして、申し込みのときに病院側に渡しておきました。
[PR]
by igaguri-2114 | 2007-10-18 15:11 | 診察
<< セカンドオピニオンを受ける 2 本を買う 2 >>