友達へ報告


親友Rに病気を報告。 
Rちゃん、涙目で絶句・・。 おーい、泣くなよ! 私は死なないわよー。

やっぱり、「がん」の世間のイメージは「死」だ。

同い年のRは独身で、まだ一度も子宮がん検診を受けたこと無いらしいから、
こんなんして、こんなんして、簡単な検査やで。と説明し、すぐ行くようにアドバイス。



そして、色々と人の体験記の乗っているブログを読んでみた。
ある人の日記では病状はよりも、周囲の反応に心を傷め酷だった様子で。。
大企業にお勤めらしく、そこで病名を伝えたらこんなことを言われたらしい。

( ↓ ある人のブログより )
-------------------------------------------------------------------

今まで結構色々な皆さんの反応をがありましたが以下反応には流石に・・・。

 『えーそんなの私だったら耐えられないですっー。』
 私だって好きで耐えてるわけじゃありません。

 『危ないから子宮を早くとっちゃいなよ。』
 私の臓器ですから私が決めます。

 『初期なら大したことないよ。切れば治るでしょ。』
 あなた医者?

 『余命何ヶ月?』
 絶句。

 『旦那えらいねえ。俺なら引くよ。』
 そりゃダーリンには感謝してるけど、僕だったら逃げるんだ。 はー。

 『エッチ激しかったんじゃないの~。』
 そんなこと言っている自分が恥ずかしくないか?

私 怒ってもいいでしょうか?
--------------------------------------------------------------------


・・・・。

やめよ、会社に本当の病名言うのは絶対やめよ。 聞かれたら、子宮筋腫にしとこう。

でも私の大事な友達だちにはアドバイスがてら、後日報告するつもり。
[PR]
by igaguri-2114 | 2007-10-12 13:05 | 生活
<< 義父母に報告 組織診の結果 >>