泣くな私


私がぐずぐずと腐りだしたので、見かねた旦那。
ぶらぶらとあてもなく南へ車を走らせて、小旅行に出掛けることに。
地図もナビもなく、気分のままに和歌山城へ到着。

d0132338_1323071.jpg


夕方のお城は人もまばらで天守閣の最上階は私たちの貸しきり状態に。

風に吹かれながらボーっと過ごすと景色も風もすべてが心地よくて、
ふわ~っと心が軽くなる感じで、病気のこともしばし忘れていた。 


ぐずぐず泣いても、笑って遊んでても、過ぎる時間は一緒。
せやな。 じゃ、笑ってたほうがいいやん。
[PR]
by igaguri-2114 | 2007-10-07 18:23 | 生活
<< 友達の力 不安な夜 >>